L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

大胆に

 3月15日お山でコガラを撮影していたら隣の杉の木にヒガラ、
マヒワがいました。しかし全く出てこない。いつの間にかいなく
なりました(ノω・、) 

 先に進むことも考えましたが、取り立てて理由もなく少し戻っ
て探鳥。暫くしてなんと左側上方の枝にウソの群れが(^▽^)/ 
ウソを撮影していると今度は反対側にヒガラの群れがヽ(*^^*)ノ 
大忙しでした。

 ウソは後回しにして、まずはヒガラ。ほぼ目高の位置でかなり
の近距離。枝被りも多く、背景が煩わしいので大胆にトリミング。
コガラ

 かなりの枚数、カットを撮影しましたが、枝被りなく割と背景
がすっきりしたのはこの一枚のみ。
コガラ
 ヒガラならではのアクロバティックな姿。良く撮れたともんだ
と自画自賛(笑)

 この枝に何度もやって来ますが、枝被り&背景が。。。。。。
コガラ
 これもヒガラならではのカットかな。
 
 次回はウソです。

 ここからは話題を変えて(笑)前回の続き『もりかけ問題』で
思う『忖度』について述べます。『忖度』の意味は以下。
https://ja.wikipedia.org/wiki/忖度

 私は『忖度』は日本独特の概念だと思ってました。調べてみる
とやはり英語では訳す単語がないらしい。籠池さんが昨年外国人
特派員協会で『森友問題』の会見をした際に『忖度』という言葉
を使ったら通訳が上手く伝えられなくて困ったことが報道されて
ます。ちなみに過労死も英語にはないそうです(・・;)i

 『忖度』の通訳;https://togetter.com/li/1093546
 『過労死』;https://matome.naver.jp/odai/2139390096806299901

 近畿財務局等の役人が上司、政治家等の意向を汲み、意に添う
ように過去に例を見ない数多くの便宜を行った。さらには政治家
等に迷惑が掛からないよう公文書を改ざんした。これが『忖度』
の定義から推測した『森友問題』の筋書きです(真実は?ですが)

 では『忖度』とは下位の人が勝手に上位の人の意を推し量るこ
とだけなんでしょうか?

 私は『忖度』を利用する権力者はいると感じてます。自分の意
を無条件に受け入れる人間は優遇し、反対する人は冷遇する。最
近は冷遇する際にパワハラを使うことが多いとも感じてます。

 独裁国家は粛清の恐怖で人を縛ります。民主主義国家では、も
っとソフトな手法。。。。。解雇、左遷、窓際、いじめ等で恐怖
を与え『忖度』できる人たちを優遇し増殖させ、時間をかけて自
分の思うように操れる組織にしていくのではないでしょうか。

 つい最近の『裁量労働制』に対する厚労省のデータ不正問題。
これも政府の導入ありきの結論に合致するように厚労省が不確か
なデータでありながら、あり得ない結論を導き出してしまった。
まことに情けない盲目的な行為と言わざるを得ません。

 『もりかけ問題』だけでなく東芝の不正経理事件、自動車メー
カーの完成車検査不正、材料メーカーのデータ改ざん、電通等の
違法労働行為等々。真の原因は、みな同じではないかと感じます。

 そう思っていたらレスリング協会のパワハラ問題が起きました。
これも真相はこれからですが、先日告発された側の学園長兼レス
リング協会理事の方の驚くべき発言がありました。

 学生に対するいやがらせに対し毅然とした態度で臨むのは全う
なことです。しかし伊調選手に対する発言とその時の表情は歯向
かうものに対する強い敵愾心だと感じました。

 レスリング協会から真相究明を依頼された弁護士さんたちが
この発言(姿勢)に『忖度』せず、真実を追い求め報告すること
を切に望みます。

 以下に面白い記事が書かれてます。
http://diamond.jp/articles/-/155454
スポンサーサイト
Theme: 野鳥の写真
Genre: 写真

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback