FC2ブログ
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

やっぱり出てくれた(笑)

 3月13日最後のお山訪問と思っていたのですが、コガラが数度
出てくれたので思い直して15日に再び訪問(笑)

 運が良いのか出だしからコガラの登場(*゚▽゚)ノ
コガラ
 ちょっと高くて遠いのですが、コガラらしい姿が撮れました(笑)

コガラ

 ここからはちょっと話題を変えて。昨年から国会、マスコミで
揉めている所謂『もりかけ』問題、いったい何があったのでしょ
うか?

 問題は財務省の公文書改ざんだけで幕を閉じるのでしょうか。
政治家の関与は?担当者は何故自殺しなければならなかったの
でしょうか?

 疑問ばかりの『もりかけ』問題ですが、自殺された担当者の方
のご冥福をお祈ります。また家族の方々の心労はどれほどのもの
かと思います。真相が明らかになることを切に望みます。

 私がいた会社では15年ほど前からコンプライアンス順守につ
いて全社的な啓蒙活動が始まりました。5年程前からは、全社的
リスクマネジメント方針の見直し、これに基づいた活動が開始し
ました。私はこの活動の重点活動の一つである全社員のコンプラ
イアンス順守を徹底するためのコンプライアンス教育再構築計画
を立案・実行するプロジェクトのメンバーとして活動しました。
(定年で後任に引き継ぎました)

 今でも覚えている話があります。15年程前に所属していた本
部の本部長が管理職全員に話したコンプライアンス順守の内容で
す。

 “上司が業務遂行において法令違反を命じたとき皆さんはどうし
ますか?”話は問いかけで終わりました。そんなことは考えてもい
なかったので驚きました。幸いにもその後定年までそんな状況に
なることはありませんでした。

 実はこの問いかけと全く同様のことを大学一年の時にドイツ語
の先生から授業の中で言われたのを思い出しました。今だからの
問題ではないのでしょうね。

 もしそうなったら。。。。。身を挺して上司に抵抗できるでし
ょうか? 悩みながらも命令に従ってしまうのでしょうか?
答えは簡単には出ません。公文書改ざんを命令されて実行した担
当の方の悩み、心労は想像を絶するものだったと思います。

 昨年から続くこの『もりかけ問題』で思うことが二つあります。
一つは『忖度』、もう一つは『遵法とモラル』です。次回は『忖
度』について思うところを述べたいと思います。

スポンサーサイト
Theme: 野鳥の写真
Genre: 写真

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback