L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

心地良い囀り

 4月20日2回目の夏鳥詣で。前回1か月ぶりの野鳥撮影だったので、
どうも探鳥や撮影の勘が鈍っていたようです。鳥運に恵まれそれなりに
撮れたようですが、もっと良く撮りたいという欲は尽きないですね(笑)

 風景や花撮影と野鳥撮影とは、撮影のアプローチが全く異なると感じ
てます。先ず野鳥は目の前に出てくれないと話は進みません(笑)出て
くれたとしても、じっとしてないし時間は良くて数秒。背景は選べない
し、構図なんて日の丸一本(笑) 可愛く、格好良く、綺麗に、失敗しな
いことが一番の目標です(笑)

 2回目の夏山の朝は、前回より賑やかです。オオルリ、クロツグミ、
センダイムシクイの囀りが聞けました。姿を見たのはオオルリだけ。ま
だまだのようですね。キビタキの囀りが聞けたのは、少し時間が経って
から。か細い囀りでした。

 前回鉢合せした場所で同時刻に待っていたら、驚いたことに、想像し
ていた反対側から登場。それまで聞こえていた囀りの場所とは真逆です。
2羽いるのかもしれません。

 今回は目の前で綺麗な囀りを聞かせてくれました。
キビタキ

 キビタキの目には、明らかに私が写ってます。それでも囀りしている
のは、安心しているからなのでしょうか?
DSC_2636-001キビタキ

DSC_2685-001キビタキ

 キビタキに出会った日寝床に着くと、心地良い囀りが頭の中をこだま
します(笑)
スポンサーサイト
Theme: 野鳥の写真
Genre: 写真

Comment

  • けんさん@埼多摩
  • URL
No title

ノンユーさん、こんにちは。
至近距離でのキビタキ撮影羨ましいです。
自分も頑張ります。

  • ノンユー
  • URL
No title

けんさん、こんばんは。

すべてキビタキのおかげです(笑)
昨年この場所では、良い思いがありませんでした。
今年はついているようです。
1、2枚目は少しトリミングしてます。

あまり近すぎると、構図に無理がでる気がするのと、
こちらも動けないのでギリギリの近さですかね。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback