FC2ブログ
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.
post image

木霊する囀り

 4月23日クロツグミ撮影後、イマイチだったキビタキを待ちましたが囀りだけ。 昼近くになり場所を移動。暫く彷徨っていたら(笑) 聞きなれた囀りが。 昨年とほぼ同じ場所だと気が付きました(笑) 新緑で覆われている山の斜面の一本道。オオルリの囀りが木霊してます。 なんとも不思議な気分(笑) オオルリが私のために囀ってくれている。なんと豪華で幸せな気持ち(笑) 休憩していたら昨年もお会いした友人の友人に...

post image

漆黒の

 4月23日森林公園で探鳥です。天気は曇りですが、山道を歩き始めると汗が。 一年ぶりの森林公園は静か。時折センダイムシクイの囀りが上方から聞こえてきます。無理に追いません(笑) オオルリ雌雄、キビタキ雄と遭遇しましたがいまいち。アオゲラの絶好のシャッターチャンスを逃した後、ベンチで休憩していると。。。 囀りはしませんが、目立つのですぐにわかります(笑) 緑に漆黒のコントラストが綺麗です。 10分後...

post image

高原の夏鳥

 4月22、23日と一泊二日プチ遠征で野鳥撮影。今年で3年目。天気が心配でしたが、何とかもったようです。 初日は高原を訪問。まだ早いのか野鳥はそれほど多くは渡って来ていないようです。昨年も確かそんな感じでした。 最初はホオアカ。 見たのはこの一羽のみ。囀りも聞こえません。  ノビタキはそこそこ多く来てました。 周りで雄3羽が代わる代わる囀ります。飛び廻りながら囀る姿も初めて見ました。 暑かったし疲...

post image

一番手

 4月20日。夏鳥撮影3度目の挑戦。今回はキビタキ、センダイムシクイ、クロツグミの囀りが聞けました(笑) しかし姿は全く見えません(TmT) キビタキ、クロツグミの囀りも朝の一回だけ。 探鳥は2時間で諦め、次の探鳥地へ。車で約50分、11時には着きそうです。3時間は探鳥できる。今回は手ぶらでは帰らないぞ、の決意です(笑) 駐車場でカメラの準備をしていると、公園の方がオオルリのいるところを教えてくくれ...

post image

3度目

 手違いで下書き中に公開になってしまいましたm(-_-)m 4月16日一週間ぶりに夏鳥の飛来状況を偵察しに山に訪問。しかし全くの不発。まだ来てません。昨年のちょうどこの日には来ていたのですが。山の遅い桜を少し撮影しました。 翌17日には3度目のチューリップ撮影。 大人はだめだけど、子供はしょうがない(笑) チューリップはそろそろ終わりのようです。次はバラかな。5月連休中まで何かしら見れるようです。...

post image

再び花園へ

 4月12日 一昨日の花の公園での撮影。ちょっと物足りなかったので再び出掛けました。 チューリップが上手く表現できないのとチューリップ以外の花の撮影のイメージが浮かばない。とても綺麗なんだけれど。 今回のお気に入り。 お気に入り(笑) 一度没にしたのですが。 赤色がお気に入り(笑) 前回より変化にとんだ撮影が出来た気がします。但しネモフィラが上手く撮れなかったのが残念。また行きます(笑) 現在価格...

post image

夏鳥はまだかな

 4月9日 夏鳥の様子を見に1年ぶりにお山へ。しかしまだのようです。風が冷たく薄着だったので暇な2時間は寒かった(TmT)  4月10日 車で10分ほどの花の公園に行ってきました。昨日のお山と違い良い陽気。ほぼ無風なので撮影日和です(*^▽^*) 前2回のチューリップ祭りは16-80mm一本で撮影ですが、今回は70-200mmも持参。花壇が広いせいか撮影枚数は70-200mmの方が多かったです。...

post image

再びチューリップ祭り

 4月5日再びチューリップ祭り訪問です(笑) 昨日の撮影が思ったほど上手くいかなかったので気持ち新たにチャレンジ。天気は昨日とは打って変わり曇り。 自宅から駅へ行く途中のモミジ。これも再チャレンジ(笑)  昨日とは狙いを変えて撮りました。初々しい緑のモミジ?も良いですね。垂れ下がっている実のようなものは何かな? 横浜公園に着きました。ここでも狙いを変えて(笑) 横浜公園は昨日より人が少ないです。 ...

post image

チューリップ祭り

 4月4日沢田教一展を後にし、家内と待ち合わせて横浜公園チューリップ祭りへ。桜だけでなくチューリップの開花も例年より早いようです。 天気が良いせいか人が多い。横浜スタジアムではナイターで阪神VS横浜ベイスターズです。  昼は中華街で初めてのお店。ランチセットに広東焼き餃子。中々美味しかった。以前出張で行った中国蘇州で食べた広東餃子は大きく饅頭のようでしたが、それよりは小さく日本人向け。 昼食後は山...

post image

撮る、伝えることとは

 4月4日 『安全への逃避』を含む写真集で 1966年度のピューリッツァー賞を受賞した故沢田教一氏※1の写真展を見に行きました。※1https://ja.wikipedia.org/wiki/沢田教一 私がベトナム戦争で活躍した所謂『戦場カメラマン』について知ったのは、20代後半で読んだ文庫本『地雷を踏んだらさようなら』でした。この本は私より10歳年上の戦場カメラマン・故一ノ瀬泰造氏※2の書簡等をまとめたものです。※2https://ja.wikipedia.org...