L
o
a
d
i
n
g
.
.
.
post image

群れ

 ちょっと更新が遅くなりました。7月20日のアオバトです。アオバト撮影の面白さは、なんといっても群れの飛翔でしょうか。協調しているのか、混乱しているのかよくわかりません。でも撮影していると渡り鳥のように緊密に連携しているとは思えません。でもそれが魅力でもあります。 中央の2羽の体制がちょっと変。 案の定、1羽が浸け。 我先に着地。 密集状態は長くは続きません。 海面近くを横1列で飛翔。リーダーがい...

post image

色とりどり

 再びアオバトですm(*- -*)m 7月3日のアオバトは飛来数も多く、天気にもまあまあ恵まれ、さらには偶然にも歩留まり向上(特に前半、後半はメタメタでした)が見られました(笑) なんで私の見立てとしては良い出来が多かったと思うので。。。。(=⌒▽⌒=)  鳥の飛翔写真のすばらしさは、広げた翼の綺麗さ、形の綺麗さにあると思ってます。その中でアオバトは、一羽単独飛行から数十羽の群れでの飛行があり、さらには多彩な背...

post image

賑やかなアオバト(笑)

 前回 6月22日のアオバト撮影は、寂しい結果でした。http://nonyou1000.blog25.fc2.com/blog-entry-1191.html 今回 7月3日のアオバトは。。。。とても賑やかでした(笑)飛来した数も前回の4、5倍です。天気が良く、写りも良くて歩留まりも少し向上したようです。  海原背景って結構好きなんですね。 アオバト撮影の面白さは。。。。。。。一つは、変化ある撮影ができること。もう一つはコアジサシと一緒で飛翔撮影...

post image

てんこ盛り

 6月12日今期2度目のアオバト撮影。曇り空で撮影にも良いと思ったのですが、結構雲の反射が強くて難儀しました。 岩場に降りる瞬間。これを一番狙っているのですが、岩場に釣り人がいるせいか、ほとんどおりません。 久しぶりの止まり姿。 SS1/1000だと、手持ちでもぶれないのがあります。 手前に雄が2羽(*゚▽゚)ノ 喉元がわずかに赤いですね。 ほとんどの場合、岩場に降りず通過していきます。 やっぱり雄はこれが一...

post image

単純明快

 5月30日満を持して今季初のアオバト。私にとってアオバト撮影は猛禽、コアジサシと同じで単純明快。定位置で待ち、飛んでくるのを撮影するだけ。気にするのはシャッターチャンスと露出補正のみ(笑) シャッターチャンスポイントは大きく分けて4つ。群れで飛んでいる時。1羽で飛んでいる時。岩礁に降り立つ瞬間。波飛沫を受ける時。最近岩場に止っている時は、ほとんど狙ってません。三脚は置台と化してます(笑) そんな...